32のルールが運命を決める

唐突に始まった映画は説明もなく、世界中はゾンビだらけになった。
戦力となる兵はすべて全滅し、引きこもりのゲームオタクが生き残るという設定からしてこの作品への興味をひかれた。

この映画で活躍するのは、「童貞のゲームオタク」に「テキサスおやじ」に「詐欺師の女」。社会不適格なダメ人間のレッテルを張られるであろう人だけである。

しかも全員が個性的で、最初は「なんか嫌な奴」と嫌悪感を抱かせておいて、観ていくうちに登場人物をだんだん応援したくなるという心憎いシナリオ。クライマックスにかけての心の入り込みようはこの映画の最大の魅力です。

物語はオタク青年の自分に「32」のルールを課することによって生き延びてきたことに重点を置いている。

とにかく面白い映画「ゾンビランド」。ゾンビだからって敬遠しちゃうなかれ。パニックホラーそれ以上にコメディ!この作品を見て、ゾンビ映画を語るべからず!僕が「ゾンビランド」のススメを皆さんにお伝えいたします。

映画「ゾンビランド」

ゾンビランド』(Zombieland)は、2009年のアメリカ映画。ゾンビ、コメディ映画。出演は、ウディ・ハレルソン、ジェシー・アイゼンバーグ、エマ・ストーン、アビゲイル・ブレスリンでゾンビによる世界の終末を舞台にしている。監督はルーベン・フライシャー。

ストーリー

謎の新型ウィルスに感染した者がゾンビと化し、そのウィルスは爆発感染を引き起こし、猛烈な勢いで全世界へと広まっていった。それから数か月、地球上は人食いゾンビで埋め尽くされ、人類はほぼ絶滅状態となった。アメリカに住む人間の大半もこのウィルスに感染し、アメリカはまさに「ゾンビランド」となっていた。大学生のコロンバスは、テキサス州ガーランドでも数少ない生き残りの1人だった。臆病で胃腸が弱く、引きこもりで友達もいないネットゲームおたくの彼は「ゾンビの世界で生き残るための32のルール」を作り、それを慎重に実践して生き延びてきた。彼は両親の住むオハイオ州コロンバスへと向かう旅の途中、屈強な腕力と抜群の射撃テクニックでゾンビ地獄を生き延びてきたワイルドな男タラハシーと出会い、彼の車に同乗させてもらう。タラハシーは過去の辛い経験からゾンビを心底憎み、ゾンビを退治することを楽しんでいた。

タラハシーが好物の菓子トゥインキーを探している最中、2人は廃墟と化した大型スーパーで、迫りくるゾンビ軍団を倒しながら、ウィチタとリトル・ロックと名乗る姉妹と出会う。プロの詐欺師だった彼女たちは、妹のリトル・ロックがゾンビに噛まれたと偽って、一度はコロンバスとタラハシーの武器と車を奪い逃亡するが、やがて安全のためにお互いの必要性を感じ、行動を共にすることになる。

コロンバスは、ウィチタからオハイオがすでに壊滅状態であることを知らされ、実家に戻ることをあきらめ、3人と旅を続ける。4人の目的地はロサンゼルス郊外にある遊園地パシフィック・プレイランド。そこにはゾンビがいないと噂されており、彼らはその噂にかすかな望みをかけたのだった。途中、彼らはビバリーヒルズの高級住宅街にあるハリウッド・スターの豪邸を物色し、楽しい数日を過ごした。4人の友好関係は深まり、特にコロンバスのウィチタへの想いは強くなるが、ウィチタとリトルロックはある朝、男たちを残して消えてしまう。

32のルール

コロンバスが自らに課した生き残るために重要なルールであり、劇中でも重要な要素である。

  • ルール1、有酸素運動
  • ルール2、二度撃ちして止めを刺せ
  • ルール3、トイレに用心
  • ルール4、シートベルトをしろ
  • ルール5、ゾンビを発見したらまず逃げろ
  • ルール6、フライパンでぶっ叩け
  • ルール7、旅行は身軽であれ
  • ルール8、クソったれな相棒を見つけろ
  • ルール9、家族・友人でも容赦しない
  • ルール10、素早く振り向け
  • ルール11、静かに行動すべし
  • ルール12、バウンティ・ペーパータオルは必需品
  • ルール13、異性の誘惑には注意
  • ルール14、ショッピングモールは補給基地
  • ルール15、ボウリングの球をぶん投げろ
  • ルール16、人の集まる場所は避けろ
  • ルール17、英雄になるな
  • ルール18、準備体操を怠るな
  • ルール19、葬儀・埋葬の必要はない
  • ルール20、人を見たらゾンビと思え
  • ルール21、ストリップクラブは避けろ
  • ルール22、逃げ道を確保しろ
  • ルール23、金品よりも食料確保
  • ルール24、生き残るためには犯罪も
  • ルール25、火の用心
  • ルール26、肌の露出は最小限に
  • ルール27、就寝前には安全確認
  • ルール28、食事と風呂は短時間で
  • ルール29、二人組で行動しろ
  • ルール30、予備の武器を持て
  • ルール31、後部座席を確認しろ
  • ルール32、小さいことを楽しめ

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
タラハシー ウディ・ハレルソン 山路和弘
コロンバス ジェシー・アイゼンバーグ 小川輝晃
リトルロック アビゲイル・ブレスリン 伊藤静
ウィチタ エマ・ストーン 甲斐田裕子
コロンバスの隣人(406号) アンバー・ハード
ガソリンスタンドのオーナー マイク・ホワイト
本人役 ビル・マーレイ 安原義人

評価

評論

レビューサイトのRotten Tomatoesでは89%の支持率、Metacriticでは73点のスコアを獲得するなど、高く評価された。クエンティン・タランティーノは本作を2009年のベスト5位とした。

興行成績

北米では製作費とほぼ同額の2473万3155ドルを公開初週末に稼いで興行収入一位となった。2010年4月27日までに北米で約7500万ドル、全世界で1億ドル以上を稼いでいる。ゾンビ映画としては、『ドーン・オブ・ザ・デッド』を超えて北米トップの成績である。

受賞・ノミネート

受賞とノミネート
部門 候補 結果
放送映画批評家協会賞
コメディ映画賞 ノミネート
デトロイト映画批評家協会賞
助演男優賞 ウディ・ハレルソン ノミネート
アンサンブル演技賞
エンパイア賞
ホラー映画賞 ノミネート
Golden Schmoes
コメディ賞 ノミネート
ホラー映画賞 受賞
サプライズ賞 ノミネート
クーレスト・キャラクター賞 タラハシー
アクションシーン賞 タラハシー vs.アミューズメントパーク
記憶に残るシーン賞 ビル・マーレイのカメオ 受賞
T&A賞 エマ・ストーン ノミネート
サターン賞
ホラー映画賞 ノミネート
助演男優賞 ウディ・ハレルソン ノミネート
シッチェス映画祭
観客賞 ルーベン・フライシャー 受賞
セントルイス映画批評家協会賞
コメディ映画賞 ノミネート